世田谷区の魅力を世界に発信するPR動画 “setagaya feeling” を手がけました!

ボーカルにはレーベルメイトであるMichael Kanekoが参加。
さまざまな多様性がバランスよく共存する世田谷のまちを、世田谷に愛着のある二人が音楽で表現しました!
ぜひご覧ください。

「いつも自分が制作活動の拠点となっている世田谷の街はクリエイティブでオープンな空気感を感じます。このフィーリングを曲として表現してみました。ぜひ感じ取ってください!」Shingo Suzuki (Ovall)
「僕の東京のホームの世田谷。世田谷の街、自然、空気に毎日影響受けてながら音楽を作っています。是非この動画を見て、そして音楽を聴いて、Setagaya Vibesを感じてほしいです!」Michael Kaneko